teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/93 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: e-plusの携帯電話通信について

 投稿者:こくぼせんせい  投稿日:2006年 1月29日(日)00時27分16秒
  通報 返信・引用
   えみこさん、こんにちは。


> 携帯電話会社のe-plusで、インターネットをつなげることを考えています。
> 今使っているのがマックなのですが、会社から送られてくるカードに対応するのかどうか心配です。

 e-plusのデータ通信用のネットワークカードで接続される予定なんですよね?
e-plusのHPにはシステム要件(Systemvoraussetzungen)として

- Microsoft Windows 2000 oder XP
- mind. Pentium III-Prozessor
- 30 MB freier Festplattenspeicher
- mind. 128 MB RAM, 256 MB empfohlen
- PC Card Slot - Typ 2
- CD-ROM-Laufwerk

 とあって、Macのサポートは記載されていません。ということはつまり
接続用のソフトが動かない可能性が高いということで(以前書いたように
Windows XPであっても日本語版だと「地域と言語のオプション-詳細設定」
で設定を英語に変えないとe-plusのソフトが立ち上がらない。但しこの設定
を変えるとちゃんと動かないソフトが他に出てきてしまうことあり)、カー
ドがあっても全く使うことかできないはずです。


> 実際IDSNよりも早く通信が出来ると言うことを聞いて(DSL回線の無い地域に住んでいます)早速考えたのですが、かなり心配していますよ。。。初めてなので!

 上述のようにMacしかないのであればたぶん動かないと思いますので
Windows XPなどのPCがないのならばやめた方がよいかと思います。また
XPも日本語版の場合このカードが使えるように設定を変えると動かないソ
フトが出るので(メール関係は大方不可、Webメールとしてブラウザで読
み書きする上では問題ありませんが)あまり便利とは言えません(XPが
ドイツ語版であればその心配は減りますが、逆にもともと動かない日本語
ソフトがあるはず)。

 またそれ以前に、このカードは携帯電話のUMTSという日本でいうところ
のFOMAのような第3世代のネットワークに接続します。現在メジャーに使
われているGSMに比して普及度はまだ低めで、大都市ではまず問題あり
ませんが田舎の方ではカバーされていない地域がそれなりにありそうな気
がします。仮に屋外では電波が届いても家の中では弱すぎて実質的に利用
不可の可能性もあります。


> それで、もうひとつお聞きしたいのが、このインターネットは携帯電話を持っていないとフラットで通話基本料と別に39.95ユーロ払わないとないということですよね。(一体おいくらになるのでしょうか?)

 私の理解ではe-plusの一般通話用の携帯電話をモデム代わりにしてこの
UMTSネットに接続する(つまりネットワークカードは使わない)場合には
通常の通話のための基本料金にプラスする形で「インターネット接続オプ
ション」として月39.95ユーロがかかり、そうではなくもともとe-plusの
一般通話用の携帯電話(但しUMTS対応かつデータ通信対応)を持たずネッ
トワークカードのみを使って接続する場合にはデータ通信としての基本料
金10ユーロにプラスする形で39.95ユーロがかかる(計49.95ユーロ)のだ
と思います。

 ただe-plusのHPを見た限りではあまり通話用としてUMTSを売り込もう
としている感じがなく、実質データ通信専用に近い形になっているところ
からして上で書いた前者つまり携帯電話をデータ通信のモデム代わりとし
て使う方法は実質的に存在しないように思います(つまりe-plusの携帯を
既に持っていたとしてもUMTSによるデータ通信に対応している可能性は少
なく結局カードを使って月49.95ユーロを払わねばならない)。


> 携帯電話の必要性を感じない地域に住んでいます。
> インターネットのみで契約はやはり無理でしょうか??

 携帯電話の必要性を感じない地域、というのは不思議な表現ですが、だ
とするとさらに電波がしっかりカバーされていない可能性があります。事
前に十分確認して家の中でも十分な電波が届くことを確認すべきかと思い
ます。上述のネットワークカードを使う方法は一応電話番号こそ設定され
ますが音声通話はできませんのでその意味ではインターネットのみの契約
と言えるでしょう(いずれにせよ基本料金10ユーロがかかってしまうわけ
ですが)。

 あと、ボーダフォンのHPを見ていたらデータ通信サービスの料金体系
の中に"zu Hause web"なるものを見つけました。e-plusのようなつなぎ放
題ではありませんが、自宅付近(半径500m程度、たぶん同一の基地局がカ
バーするエリアという意味だと思う)からのアクセスに限り接続料が割安
になるサービスで、月5ギガバイトもしくは60時間までで約25ユーロ、そ
れを越えると10分当たりもしくは1メガバイトごとに0.25ユーロの追加料
金がかかります。割高にはなりますが自宅エリア外でも使えますので普通
はほとんど家で使うけれども時々どこかに出かけて使う、という方にも便
利そうです。

 通常のデータ通信料金だと今でも1ギガバイトで100ユーロ越えたりし
ますのでそれにくらべればはるかに割安といえます。またボーダフォンの
ネットワークカードの場合Mac用のソフトもあるようですので(HPか
らのダウンロードも可)つなぎ放題ではないとはいええみこさんのために
はe-plusよりは良さそうです。

 またこのボーダフォンのHPにはUMTS網のカバーエリアの地図もありま
すが(郵便番号や町の名前を入れることで自分の住んでいる地域の状況が
わかる)、ドイツ全土ほぼムラなくカバーしているGSMと違いUMTSはま
だ点に近いレベルでしかなく、契約したけれどいざ使おうと思ったら電波
が来てなかったといった悲劇を避けるためにも事前に十分調べておくこと
をお勧めします(私としても実際に使ったわけではないのでここに書いた
内容が間違っていても責任は負えませんのでご了承下さい)。

 ちなみにUMTSが使えなくてもGSM網を利用したパケット通信GPRSに切
り替えて使うことは一応可能ですが、ISDNなんかよりも超遅いですし実質
的には使い物になりません。UMTSも384Kbpsとはいいつつ電波の状況によ
っては100Kbpsくらいしか出ないことも多いですが、ブラウザでHPを見て
回るとかいったレベルならほとんどストレスなく使えます(電波の強いと
ころでも300Kbpsの動画を見ようと思うと途中でちょくちょく止まるのが
普通。でも見られないほどではない)。


>DSL回線の無い地域に住んでいます

 ご存知かも知れませんがドイチェ・テレコムはまだブンデステレコム(
日本で言えばNTTになる前の電電公社にあたる)と呼ばれていたドイツ
統一直後の90年代初め、旧東独側のインフラ整備の際に当時としては進ん
だ技術のはずだった光ファイバーケーブルの導入を推進しました。ところ
がその後で急速に広まったADSL技術の利用のためには電話線が銅線でなけ
ればならず、結果として旧東独に多数のADSL利用不能地域を作り上げてし
まったのでした。本来ならば既に導入された光ケーブルを使ってADSLより
も優位なサービスができそうな気がしますが、実際にはその他の技術的問
題やテレコム自体の内部問題のために多くの地域でそのままになってしま
っています。結局これでメリットを受けたのは光ファイバーを製造・納入
した一部メーカーだけだったという、日本にも時々ありがちなちょっと腹
立たしいパターンのようです(=_=)ウウム。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/93 《前のページ | 次のページ》
/93